ブラックジャックのカード・カウンティング

ブラックジャックのカード・カウンティング

1956 年、アメリカのメリーランド州の陸軍研究所の 4 人の数学者のロジャー・ボールドウィン/ウィリアム・カンティー/ハーバート・メイゼル/ジェイムス・マクダーモットは、計算機で研究したブラックジャックの基本戦略の原型を発表しました。

この論文に刺激を受けたカリフォルニア大学のエドワード・ソープ教授 Edward Thorp は、"Beat The Dealer" (1962) という著書でコンピューターを使ってブラックジャックを解析して、テン・カウントというカード・カウンティング手法を開発しました。

カード・カウンティングとは、「配られたカードから、ディーラーとプレーヤーのどちらに有利なカードが多く残っているか推測すること」です。

ディーラーは、手札の合計点数が 16 点以下であればドロー(ヒット)しなければならないので、数の大きいカードが多く残っていると、確率的にプレーヤーが有利になります。

カード・カウンターは、残りカードの偏りにより賭金を調節して利益を得ます。

ブラックジャックのカード・カウンティングと有利不利
残りカードに多いとディーラーに有利 あまり変わらない 残りカードに多いとプレーヤーに有利
スペード 2 スペード 3 スペード 4
スペード 5 スペード 6
スペード 7
スペード 8
スペード 9 スペード 10 スペード A
スペード J スペード Q スペード K

ソープは、借金してでも賭けなくてはいけない場合を挙げています。

また、映画「レインマン」の自閉症の主人公(ダスティン・ホフマン)は驚異的な記憶力を持っており、ラスベガスのカジノのブラックジャックで、使用済カードを全て覚えて大勝します。

全部の使用済カードを覚えることは難しくても、大まかな傾向を掴むことは可能です。

ソープ以降、様々なカード・カウンティングが考案されており、代表的なものは以下の通りです。

  • ハイ・オプト・ワン Hi-OPT I(Charles Einstein 1968)
  • ハイ・オプト・ツー Hi-OPT II(Lance Humble 1976)
  • テン・カウント 10-Count(Edward Thorp 1962)
  • アストン SS カウント Uston SS Count(Ken Uston 1986)
  • アストン・アドバンスド Uston Advanced(Ken Uston 1977)
  • レッド・セブン・カウント Red Seven Count(Arnold Snyder 1983)
  • オメガ・ツー Omega II(B. Carlson 1992)

「ミスター・ブラックジャック」と呼ばれたケン・アストン Ken Usto(父が日本人で母がアメリカ人)によると、最高のカード・カウンターは控除率を - 4 % にできるそうです。

一般には、- 1.5 % で上級者と言えるでしょう。